aws Outpostsを利用すればオンプレミス環境でもawsの優れた監視システムの利用が可能

パソコン16

awsを導入している企業では、リスクの高いクラウドサービスでも専用の監視システムが整っているため、安心して利用できるという声も多く存在します。awsのオンプレミス版であるaws Outpostsではawsの優れた監視システムを利用しつつ、オンプレミスで稼働できる利点を持っています。

プロセスやサービス、ログなどの監視を網羅し拡張機能にも対応できるのが最大の特徴です。

関連:awsを運用するときに重要なcloudwatchとcli

オンプレミスのメリット

IT時代によりネットワークを利用したシステム構築は当たり前の世の中ですが、サーバーの構築には二種類の方法が存在します。一つはオンプレミスと呼ばれる自社でサーバーやシステムを運用管理する方法です。かつては一般的なスタイルでどの会社の一角にもサーバールームやマシンルームと呼ばれる部屋が存在していました。

そしてもう一つの運用方法がクラウドサービスの利用です。自社にサーバーを持たなくて良くクラウド上でデータベースやアプリケーションの管理を行う事ができるため、インターネット環境があればどこからでもアクセスできる仕組みです。

オンプレミスの最大のメリットはセキュリティ面です。自社のネットワーク内のみでシステムを運用完結させることで、外部にデータの流出をさせないためセキュリティリスクを低減させることができます。個人情報など機密情報を取り扱う場合にはクラウドが不安と感じるケースもありますが、オンプレミスであればセキュリティが万全で安心です。

またカスタマイズ性の高さもオンプレミスの特徴です。企業が求めている機能を好きにカスタマイズすることができ、自社のシステムとの相互連携も果たすことができます。システム構築の技術力は必要となりますが、特殊なシステムなどを構築する必要がある場合には、オンプレミスを活用するのがおすすめです。

逆にオンプレミスでは、システムダウン時のデメリットを持ち合わせています。クラウドサービスであればサーバー環境が外部にあり、バックアップ体制やマルチリージョンなどの対応に優れており、災害などの場合でもシステムをダウンさせることなく稼働できるのに対して、オンプレミスは物理的なサーバーの場所が災害に見舞われれば、システムダウンを余儀なくされます。

クラウドサービスのメリット

クラウドサービスはawsをはじめとして最近導入する企業が増加しているサービスです。インターネット環境があればどこでも利用できるため、営業など外回りのスタッフとの情報共有をリアルタイムで行う事ができるメリットを持っています。

働き方改革などで自宅勤務や社外オフィスなどの利用をするケースでもクラウドを利用していれば、社内と同じような環境で仕事を進めることが可能です。また、クラウドサービスには導入コストが安いというメリットも持ち合わせています。

クラウドは外部サーバーを借りて運用する方法です。インスタンスの割り当てだけになるため機器購入や設置などのイニシャルコストをかけずに済みます。物理的なサーバールームやマシンルームなどの場所も必要なくなるため、家賃などのコストを浮かせることも可能です。

ランニングコストにもメリットがあり、インスタンスは必要な分だけ借りれば良いため、無駄なコストを省くことにもつながります。保守費用なども一切かかりません。障害にも強いのがクラウドの利点です。マルチリージョン契約などをしておけば、日本が災害に見舞われても他のリージョンで安定稼働をさせることができます。

またサーバー自体のトラブルに関しても万全な体制でサポートしているため、24時間通じて安心して利用できます。

aws Outpostsを利用すればaws環境をオンプレミスで稼働できる

パソコン20

awsはAmazonが提供するクラウドサービスです。クラウドサービスとして登場しているため基本はクラウド利用となりますが、aws Outpostsというサービスを利用すれば、awsをオンプレミス環境で利用できるようになります。

aws Outpostsはクラウドとオンプレミスの利点を兼ね備えた優れたサービスとして人気です。サーバー自体は自社の組織内に設置しますが、管理自体はawsが行ってくれるため、保守などの面倒でコストのかかる管理は一切行わずにオンプレミス環境を構築できるようになります。

awsも拡張性の高い機能を有していますが、特殊なケースや、重要なデータを取り扱う場合、自社のシステムと融合を実施したいなど個別のケースにおいては対応できない部分も多数あります。awsの導入を検討しても、ネックがあり実現できなかったケースでもaws Outpostsによって解決できる場合もあります。

まだaws Outpostsは登場したばかりのサービスであるため機能は限定的となりますが、今後の拡充を見込んでおりクラウドサービスとオンプレミスの双方のいいとこ取りの次世代サーバーシステムとして着目されています。


aws Outpostsのメリット

aws Outpostsを導入するメリットは安心価値を高めた状態でオンプレミスを稼働させることができる点です。

管理の主体はawsになるためしっかりとした保守体制を受けつつも、カスタマイズは自社独自で進めることが可能です。もちろんawsで培った機能も利用できるため、awsの価値を最大限活用することもできます。自社のデータセンター内でパブリッククラウドを敷きたいと考えている企業に特におすすめで、提供元のAmazonはクラウドダウン型のモデルとして展開しています。

aws Outpostsでも監視システムは必須

オンプレミスの環境であってもシステムの稼働状況を監視する事は重要なポイントです。awsには優れた監視システムがオプション機能として存在します。

プロセスやサービス、ログなどの監視を一元管理できる優秀なツールでクラウドサービスを利用する場合には是非利用したいツールですが、オンプレミスの状況でも効果を発揮します。特にプロセス監視においてはサーバーの状態を監視する機能であるため、クラウドでもオンプレミスでも必要不可欠です。

また不正アクセスなどを防止するログ監視も形態に関わらず導入しておくことがベストな選択肢です。

awsの優れた監視システムはaws Outpostsでも有効です。

aws Outpostsを利用すればクラウドとオンプレミスの双方のいいとこ取り

パソコン17

awsはクラウドサービスでありますが、オンプレミス環境を構築できるaws Outpostsというサービスも提供しています。

クラウドの利点とオンプレミスの利点の双方のいいとこ取りしたシステムでセキュリティを高めつつもawsの拡張機能を利用できる優れものです。

awsの専用監視システムを利用できるのも利点で、プロセス、サービス、ログ監視などを網羅できます。